脱毛永久痛み

永久脱毛に興味があるけれど、施術時の痛みがどうしても気になる、という人は少なくありません。
しかし、ひとくちに「痛み」と言っても、施術法によって大きく異なります。
そこで、施術法と痛みの関係について、簡単にご説明しましょう。

施術法と痛みの関係

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴ひとつひとつに電気針を指し、電流を流して毛根にダメージを与え、脱毛するという方法です。
一本一本確実に脱毛でき、Vラインなどの細部も形を整えながら脱毛できるというメリットがある反面、かなりの痛みを伴います。
医療機関で施術を受ける場合は、麻酔してもらえる場合もありますので、担当医に良く相談することをおすすめします。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、表皮にレーザー照射し、毛根にダメージを与える永久脱毛法です。
ニードル脱毛に比べると痛みは格段に少なく、短時間で施術が可能です。
ただし、確実な効果を期待して出力を上げると、バチンと輪ゴムを弾かれたような痛みを感じることもあります。
レーザー脱毛は医療機関のみの取り扱いですので、万が一のトラブルの際も安心ではありますが、痛みが苦手な場合は、あらかじめ相談しておくと良いでしょう。
麻酔等の対応を取ってくれる医療機関もあります。

 

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は、レーザー脱毛と同じく光を照射し、毛根にダメージを与える方法で、一番のメリットは、痛みが少ないということです。
最新型のフラッシュ脱毛機器だと、ほとんど痛みを感じない人もいるとか。
また、値段的にもフラッシュ脱毛は安価ですので、気軽に施術を受けることができます。
ただし、フラッシュ脱毛は他の脱毛法に比べ、永久脱毛効果が比較的低いという意見もあります。
以上を見て分かるように、脱毛法にはそれぞれ特徴があり、一概に「痛みが少ないからいい、悪い」というものではありません。
永久脱毛を考える時は、肌質や毛質のこともよく考え、施術法を選ぶようにしましょう。